1皿¥220(税込)〜とリーズナブルな寿司店で
秋鮭を食べ比べ。

 季節を問わず、老若男女から人気を集める寿司ネタ・サーモン。9月ごろから産卵のため川をのぼる鮭は「秋鮭」と呼ばれています。
 この時期の「ときすし」で食べるべきなのは、秋鮭の食べ比べ三昧 ¥780(税込)。鳥取県のクラウンサーモン、滋賀県のビワマス、長野県の信州サーモンに加え、おなじみのノルウェーサーモンと、脂のりがいい腹側の身を握ったトロサーモンの5種を一度に味わえます。少し甘めのシャリは食べやすい小さめなので、ペロリといただけますよ。全商品テイクアウト可能なので、おうちでも食べ比べを楽しんでみては。

 養殖のブランドサケやマスは「ご当地サーモン」と呼ばれ、全国各地で開発が進んでいます。
 近年、提供しているお店は増えてきましたが、食べ比べができるのはまだまだ希少。そんなご当地サーモンを一度に3種も味わえるのが「秋鮭の食べ比べ三昧」。さっぱりとした国産の鮭を先に食べるのがおすすめです。身が締まったクラウンサーモンは程よい弾力があり、くさみをまったく感じません。しっかりとした旨味を感じながらしつこくなく、いくらでも食べられそう。口の中で脂がとろけるノルウェーサーモンとの違いを感じてください。

寿司

ときすし

なんばパークス/6階

大阪・泉佐野漁港をはじめ、全国から仕入れる旬魚を使った寿司が味わえます。1皿1貫¥220(税込)から、ランチのセットは¥700(税込)からとお手ごろ。

お店の詳細はこちら
ホームトップ